医学部の予備校ならこんな授業を受けることができる!

医学部の予備校ってどんなところ?

医者を目指すのに必ず通らなければならないのが、医学部受験です。医者を目指すならまずは大学の医学部に合格しないことには何も始まりません。しかし、高校の授業や自主学習だけで医学部合格を目指すのはハードルが高いのも現実です。そこでうまく活用したいのが医学部予備校です。

医学部予備校とは、大学の医学部受験に特化したクラスやコースを提供している予備校のことです。大手予備校の中に対策コースがある場合や、医療系専門の予備校として開校されていたりなど学校形態は様々で、集団授業が行われるところもあれば、少人数制や完全個別指導でサポートしてくれる予備校もあります。学習スタイルや講師との相性など、自分に合った予備校を選ぶことが大切ですね。

医学部予備校なら二次試験対策も充実

医師という職業は単に成績が優秀なだけではなれるものではなく、モラルや人格も重視されます。そのため、医学部受験では二次試験で面接や小論文が実施されます。一次試験では主に成績をチェックして、二次試験で医療への考え方や、医師としてふさわしい人格を兼ね備えているかをチェックさせるというわけです。

二次試験の内容は大学ごとに大きく異なるため、医学部予備校では生徒ひとりひとりに合わせた各大学の対策も行ってくれます。面接は外見や言葉遣いは自分で気を付けることができても、受け答えの内容などをより良くするためには客観的な指導が欠かせません。医学部受験について熟知した予備校での模擬面接は受験生にとって大きなプラスになります。

医学部の予備校の合宿を通じて、学力が伸びて志望校に合格する場合もあります。学力に加えて忍耐力や精神力が向上する可能性もあります。