どうせ通うなら自宅から近い医学部の予備校に通いたいですよね

できるだけ近いところを選ぼう

医学部に合格したいために、医学部予備校に通う人が多いです。医学部予備校を選ぶ場合、可能な限り自宅から近いところ選ぶ必要があるでしょう。近くにあるメリットの一つは、遅くまで自主勉強をすることができることです。たいていの予備校は、受験生のために自習室が設けられています。そしてこの自習室は夜の8:00から9:00ぐらいまで開いているところも少なくありません。もし9:00まで開いていた場合、9:00に予備校を後にしたとしても自宅が近ければ10時前に帰宅することができます。ですが、自宅が予備校から1時間以上かかる場所の場合は10時過ぎになってしまう可能性があるでしょう。特に予備校の自習室に遅くまでいる女子学生は、帰宅時間が遅くなるのは危険です。

通う時間が短いほど勉強時間が増える

医学部に語学するためには、1年間で膨大な勉強しなければなりません。特に、夏休み過ぎは追い込みをかける受験生が増えてきますのでわずか5分の時間でも無駄にすることはできません。この時、自宅から医学部予備校が近く通う時間が短ければ短いほど勉強に集中できる時間が増えてきます。この点に関して、電車やバスに乗っている間でも勉強することができるので医学部予備校と家を往復する時間が長くても関係ないという人もいます。ですが、実際には医学部予備校と家を往復する時間の間にできる勉強は暗記科目などのように限られてきます。計算問題を解くことや英作文を書く練習などをすることは難しいでしょう。そのような意味において、距離が近い方ことにメリットがあることがわかります。

医学部の現役合格するためには、得意科目や苦手科目、模擬試験の成績による、スケジュールを立てます。夏休みまでに暗記も含めた基礎固めをし、大学の問題の傾向を把握して、基本的な問題を確実に解くようにします。